特許実務com Patented!!

社畜だけども弁理士試験挑戦中。2015年4月-6月はアメリカ特許実務研修中

中国特許における分割出願のポイント

特許実務で大切な分割出願がキーポイントになることがしばしばあります。クレームの内容を自社・他社製品に近づけるためにも登録時期を遅らせていた方が有利な時があるからです。分割出願、当然、中国においても重要ですね。そこで中国の分割出願に関する特…

特許権の消尽に関する日本の判例BBS事件、インクカートリッジ事件の紹介~タイヤの特許権は車に権利行使できるのか?~

自分たちが販売した商品を使った第3者の商品に特許権を行使することができるのか? ご無沙汰しております。だいたい1カ月ブログの更新が滞っていました。特許に関することをネタにするとどうしても一つ一つの記事が長くなってしまい、PCと対面する時間が…

特許権で技術を独占しただけでは、市場を大きく成長させることができない

特許権で独占していても市場が大きく成長するわけではない 技術を公開し、公開された技術を使う企業が増えることで、徐々にと市場が形成されていきます。裏を返すと、「技術をオープンにしないと、市場がは形成されない」ということです。市場を大きく形成で…

中国特許制度の補正可能な範囲は日本やアメリカよりも厳しい

中国においても日本やアメリカと同じように願書に最初に添付した明細書および図面等に記載した範囲内で補正が認められる、これが原則です。しかし、中国の特許実務で可能な補正は日本やアメリカよりも制約が多いと思います。まず、補正ができる時期に制限が…

特許権を取っても自由に実施できるとは限らない。特許権には主従関係がありますよ。

特許権として認められた発明を独占的に実施できるわけではありません。 4年~5年をかけてようやく1件の特許権が成立します。長いこと待ったとなって、これで晴れて安心して商品が出せる、と言って、特許権があるからその特許については自由にやっても良い…

特許権は重要だけど結局それだけで商品にはならない、ことを痛感しています

特許権は重要だけども・・・それだけじゃ当然足りない 最近、社内で過去の要らなくなった特許権を売却し、少しでも研究開発費用を回収しようとする動きがあり、特許売却のための営業や特許権の売買契約の仕事をすることもあります。ここで実感するのが、買い…

コカ・コーラ―に学ぶ営業秘密管理能力。~発明を保護する方法は特許権だけではない~

発明が完成すれば特許出願をすればよい、というわけではない。 私の勤めている企業ではまだ古臭く、特許の出願件数で自分の成績を語る人が少なからずいます。知財担当者としてこれは非常に残念です。ただ特許出願したことと、その後、権利になったことは違う…