特許実務com Patented!!

社畜だけども弁理士試験挑戦中。2015年4月-6月はアメリカ特許実務研修中

アメリカで特許権が付与された後の手続

photo by somebaudy 特許が付与された後も特許として認められたクレームについて無効理由が残ることもあります。また、第3者が登録された特許のクレームに対して異議を申し立てることもあります。2011年にリーヒー・スミス・アメリカ米国発明法は、先願主義…

アメリカ特許明細書では図面に力を入れる

photo by Spin Spin 個人的にアメリカの特許実務と日本の特許実務で大きな違いの一つと感じていることに図面の準備があります。日本の特許法では、必須ではありません。必須としていないということもあって、日本の特許制度では、あくまでもクレームの理解を…

特許権を登録したからとっていって油断しない、放棄することもあるし、訂正が必要になることもある

photo by kenteegardin特許権が登録されたからそれで終わりというわけにもいきません。特許権はその発明の実施の独占的な使用を認める代わりに、特許権者には特許権を維持するための年金を支払わなければなりません。また、いざ特許権を行使しようと思っても…

一部継続出願や分割出願などの継続出願を効果的に使って、一つの商品に係る特許権を増やす

photo by neil1877アメリカの特許制度において“継続的な出願”とは、親出願の出願日の利益を受けることができる出願のことを総称して呼びます。アメリカの特許制度ならではの制度として、この継続的な出願が挙げられ、訴訟などにおいても企業同士がよく争うこ…

侵害行為に対する特許権者が受けられる救済措置について

photo by exfordy これまで特許訴訟に対してブログの記事を書いてきました。今日は侵害者による侵害に対して、特許権者が被る損害についての救済措置をテーマに記事を書いていきたいと思います。 patentjitsumu.hatenablog.com patentjitsumu.hatenablog.com…

アメリカ特許訴訟における一連の手続の流れ、その留意事項

photo by wallygアメリカにおける特許侵害訴訟では、その審理が長期間にわたる上、そのため莫大に訴訟費用がかさみ、最終法廷に下された判決ではしばしば法外な賠償金の支払いが決定されます。 そのため、日本の企業は、一般にアメリカでの特許侵害訴訟を回…

間接侵害はアメリカと日本で大きく違う、アメリカならではの間接侵害について

photo by darkday. 前回の記事ではアメリカの特許制度における直接侵害を取り上げましたので、次はアメリカ特許制度における間接侵害について熱く取り上げてみたいと思います。間接侵害は、アメリカ特許法の271条(b)と271条(c)によって規定されています。 間…