読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特許実務com Patented!!

社畜だけども弁理士試験挑戦中。2015年4月-6月はアメリカ特許実務研修中

アメリカ特許実務

訴訟の代わりに特許の有効性を争う当事者系レビュー

当事者系レビュー(IPR:Inter Partes Review)は、特許付与後に第3者が特許の有効性を争う手段の1つになります。当事者系レビューは、旧法の当事者系再審査に代わり新設された制度になります。まず、アメリカの特許法が改正される前には、その特許の無効…

アメリカ特許制度における均等論の考え方

photo by vaXzineアメリカの特許法において、特許権の侵害とは、2種類あります。一つ目は文言上の侵害と二つ目は均等論に基づく侵害があります。 文言上の侵害とは、問題となる特許出願のクレームに記載されているすべての構成要素や限定が侵害品として訴訟…

アメリカ特許法103条、非自明性とは何か、日本の特許法の進歩性とは何が違うのか

photo by NJ.. (1)103条の概要 ①改正法での非自明性 ②旧法での非自明性 ①判断基準 (2)事実調査 ①事実調査とは ①先行技術の内容を特定 Ⅰ.サーチの範囲 Ⅱ.類似先行技術 ③クレームに記載された発明と先行文献に開示されている技術との差異を認定 ④その…