読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特許実務com Patented!!

社畜だけども弁理士試験挑戦中。2015年4月-6月はアメリカ特許実務研修中

特許実務-中国特許実務

中国特許における分割出願のポイント

特許実務で大切な分割出願がキーポイントになることがしばしばあります。クレームの内容を自社・他社製品に近づけるためにも登録時期を遅らせていた方が有利な時があるからです。分割出願、当然、中国においても重要ですね。そこで中国の分割出願に関する特…

中国特許制度の補正可能な範囲は日本やアメリカよりも厳しい

中国においても日本やアメリカと同じように願書に最初に添付した明細書および図面等に記載した範囲内で補正が認められる、これが原則です。しかし、中国の特許実務で可能な補正は日本やアメリカよりも制約が多いと思います。まず、補正ができる時期に制限が…

中国特許制度の日本特許制度との相違点まとめ

このブログはアメリカの特許実務について書いていますが、ちょっとずつネタが尽きてしまっています。深く掘ればもっとあるのかもしれませんが。ここで、中国の特許実務についても手を広げてみようと考えています。まず、ちょっとだけ日本と中国の特許制度の…

中国特許の特許要件の一つ実用性について

中国においても特許として成立させるためには、日本やアメリカと同じく下記の3点を満たす必要があります。 ・新規性 ・創造性(日本の進歩性、アメリカの非自明性と類似する要件) ・実用性専利法第22条第1項は、「特許権を付与する発明及び実用新案型は、新…