特許実務com Patented!!

社畜だけども弁理士試験挑戦中。2015年4月-6月はアメリカ特許実務研修中

アメリカ特許明細書では図面に力を入れる

http://www.flickr.com/photos/53649124@N00/3446277023
photo by Spin Spin


個人的にアメリカの特許実務と日本の特許実務で大きな違いの一つと感じていることに図面の準備があります。日本の特許法では、必須ではありません。必須としていないということもあって、日本の特許制度では、あくまでもクレームの理解を補助するための材料と捉えられています。


しかし、アメリカの特許審査官は図面を非常に重要視しています。図面によって引例によって大きく分けられていないものは、明細書の中の記載を読み飛ばし、まず拒絶理由を発行する審査官もいるぐらいです。元審査官も、審査の件数が多いので、まず、図面を見てクレームの特許性を判断すると言っているくらいなので、アメリカの特許において図面の重要性が大きいことが分かります。中間処理においても図面に引例とその出願の図面が違うでしょという主張がよく通りやすいのは変わりありません。

そのため、米国特許商標庁(USPTO)では、図面(Drawing)に関する規則について、とても細かい内容を規定しています。USPTOには、出願人から提出された図面が、USPTOが要求する細かい規定に合致しているか否か点検を行う製図者(Draftsman)がいます。製図者が規則に合っていないと判断すると、出願人は図面の再提出が求められます。

今日は図面をテーマにした記事にしたいと思います。

(1)図面の内容に関するUSPTOの規則

図面には、クレームに記載された全ての特徴を開示されている必要があり、アメリカの特許法の規則§1.83では次のように記載されています。


“非仮出願における図面は、クレームに記載されている発明のすべての特徴を示さなければならない。ただし、発明の説明およびクレームにおいて開示される在来技術の特徴は、その詳細図解が葉hツ名の適切な理解のために不可欠ではない場合は、図面において、図解の図面記号又は標識付き表示(例えば、長方形標識枠)の方式で表示されなければならない。”

例えば、クレームに記載された発明が以下のコンピュータに関する発明だとします。

クレーム1:マウスと、
      モニターと、
      木製のキーボードからなるコンピュータ。

上記のクレーム1に開示された構成要素であるマウス、モニター、木製のキーボードは全て提出された図面に開示されていなければなりません。ここで、マウスやモニターは一般的なものが使用でき、特別な特徴ではないと判断して、“木製”のキーボードだけの図面だけを載せるだけでは、USPTOが要求する規則を満たしません。ブロック図でも良いので、マウスとモニターも図には表現されている必要があります。


図面の中に説明を挿入するとき、その説明が発明の理解に特に必須である場合を除き、例えば矩形のボックスで囲んで記載する。具体的には、構成要素の名称など必須の説明はそのまま記載しても構わない。しかし、補助的な説明はボックスで囲んで記載する。

また、発明が従来技術の機会の改良であるときは、改良部分だけを従来構造から別に分けて記載した図と、その改良部分と従来構造との関係を示すだけの図を提出しなければならない。

(2)将来を見据えた図面が必要

ここで、厄介なのは最も広いクレームについての構成が図示されていればよいだけでなく、従属項に記載された特徴や、さらには中間処理における補正でクレームに追加される特徴まで図面に開示されている必要があります。明細書に一文記載されていようが図面に開示されていなければ、補正をすることはできません。これが日本の出願人にとってハードルを一つ上げてしまいます。


つまり、米国出願を行う発明は図面について将来の中間処理における補正や将来の製品像を予測して見込んで図面を準備することが必要です。明細書にはしっかり書いてある内容でクレームを補正したいのに、図面にはないから限定できない、なんてことにならないように注意しなきゃなりません。

(3)中間処理の補正の範囲を広げる

アメリカの補正の範囲は欧州や中国と比較して広いのが図面に開示された内容であればクレームを補正ができることです。欧州や中国では、明細書に文字通りに記載されている内容でしか補正が認められないと思うので、この点はアメリカ特許の特徴です。(日本についても同様の印象です。)


図面の充実を図ることは将来の補正を助けてくれます。理想は明細書と図面の両方でサポートされていることが最適ではあることには違いはありませんが、図面のみをサポートにクレームを補正することができます。


個人的な経験から言っても、明細書に記載が全くなくても、図面に開示されている構造をクレームの文言に組み込む補正をしても認められたことが何度もあります。時には、明細書に記載のない構成要素の名前がなくても図面より明らかであることを主張して認められたケースもあります。


このように、出願時において明細書には書き切れないことがあったり、発明の特徴であることに気づかなかった構成であっても、図面の充実させておくことで、補正時に救われることが多々あります。もしかすると、アメリカと日本だけに出願国が絞られているのであれば、出願日をより確保するために、発明の内容によっては図面をしっかり作って明細書は詳細な説明を省くことも判断の一つかもしれませんね。



2.細かい記載要領

ここからはアメリカ特許の図面の記載要領を紹介します。

①図面は基本白黒

図面は白黒で書くことが基本です。ただし、デザイン特許の場合、必要に応じて彩色図も提出できる。また、白黒写真、または彩色写真も提出可能。化学式、数式、表及び波形図を図面として提出することも可能。しかし、化学式及び数式、表は発明の詳細な説明の中に直接挿入することが一般的。

②用紙はA4サイズ

明細書と同じく、提出する用紙のサイズは限定されています。A4サイズの用紙を用い、周囲に所定の余白を設けます

③図面の種類に限定はない

図面は、平面図、立体図、断面図または斜視図などが利用できます。特に、限定されておらず、断面図だけでよい場合があります。発明においては、断面図だけで済ますことも多いですが、将来の補正のためにはより商品形態に近い図面を使いたいところ。しかし、それを公開したときに、会社の技術やアイデアを真似されるリスクもあるので、それは知財だけの判断ではいかないですが。




ここで一つアメリカ特許ならではの図面ということで、分解図を用いた方がよいことがあります。その発明の構成する部材をバラバラにして記載し、どのように書く部材が組み立てられるか点線などを使って表現する図です。


なぜ、分解図を書くことが好ましいかというと、分解図があることで、キットクレームが書けるからです。キットクレームについての詳細は下の記事で紹介しているので詳細は避けますが、アメリカではキットクレームによって組み立て前のパーツの状態を特許として保護することができるのです。


分解図を描くときには描かれた部品群全体を括弧で囲むことが良いでしょう。どの部品までが1つの図面であるかを明確にするためです。非常に大きな機械の場合には、複数の部分図に分けて描いた方が審査官にとっても分かりやすいので喜ばれます。

④材料の違いの表現

各構成部材の材質の違いを表現するためにハッチングのパターンを変えます。

⑤図面の大きさや影など

図面は、その図の3分の2に縮小してコピーを撮った時に、細部が密になり過ぎないように十分な大きさに描く。

図面に描かれた物体の形状を理解しやすいように、影を付けることが推奨されている。(日本ではあまり好まれないように思うのでアメリカ特有なのだと思いますが。)すなわち、球、円筒、円錐の表面に影をつけ、平面にも陰影をつけてもよい。光は左上から隅から45℃の角度で差し込むことが基本とされています

⑥参照符号など

参照符号は基本的には番号で付けます。括弧や囲みを付けることができません。英語のアルファベットで表現することもできますが、英語以外の言語は、慣例的な表現以外使えません。慣例的な表現とは例えば、その技術分野で一般的に使われている単位(ギリシャ文字やロシア語)などがあります。



参照符号はそれぞれの部材と重複しないようにしなければなりません。決して1から順に付する必要はなく、数字の位で実施形態ごとやパーツごとに分けてもよいです。発明の説明で記載のない参照符号は図面に記載してはならないことになっています。

また、参照符号と参照する部分を引き出し線で結びます。引き出し線は最短であることが望ましく、引き出し線同士が交差することしてはならないルールがあります。。

⑦模型や追加資料などの提出

模型の提出は特別に必要な場合を除き認められません。しかし、デザイン特許や図面の形や動作が不明確だと審査官が判断した場合には、などで必要に応じて模型、ひな形または見本の提出を要求される場合があります。また発明が化学物質や組成物に係るものであるとき、実験データや解析データなどさらなる資料を要求されることがあります。

中間処理における面接などでは実際に発明を具体化した模型などを使って発明の内容を説明することを妨げることはされていません。